【硬式球が打てる】札幌市手稲区のゼスポフィールドは冬の野球練習にオススメ!

【硬式球が打てる】札幌市手稲区のゼスポフィールドは冬の野球練習にオススメ!室内練習場
スポンサーリンク

2021年の秋頃に札幌市手稲区にオープンしたゼスポフィールド。

基本的にはフットサル施設なのですが、表の看板に硬式球も軟式球も打てるバッティングゲージがあると書かれていたのでずっと気になっていました。

というわけで行ってきましたので、レポします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゼスポフィールドとは

ゼスポフィールドは「サッカーを中心とした多目的スポーツフィールド」とホームページでも紹介されているように、基本的にはフットサルができる施設になっています。

中には人工芝が敷かれたフットサルコートが1面あり、幼児〜小学生向けのサッカースクールが開かれています。

ゼスポフィールドのレンタルコート
ゼスポフィールド レンタルコート

メインはフットサルですが、レンタルコートとしての貸し出しも行っており、野球の練習も可能です。

レンタルコートは全面で長さ32m×幅26mとなっており、少年野球グラウンドの内野くらいの広さは十分にあります。

学校の体育館ではノックがなかなか出来ないと思いますが、ゼスポフィールドのレンタルコートならノックをしていても狭さは全く感じません。

外から見る印象よりも中はかなり広く感じます。
近隣の少年野球チームも練習に使用することがあるそうです。

料金はレンタルコート全面だと1時間9,000円〜12,000円。
平日の昼と夜、土日祝日で料金が異なります。

また、冬は暖房費として別途1時間1,500円がかかります。

ゴリロウ
ゴリロウ

レンタルコートは個人利用をするとなると正直ちょっとお高めな料金設定ですね。

レンタルコートを利用するならチーム単位で利用する形が良さそうです!

ゼスポフィールドのバッティングゲージはオススメ

ゼスポフィールドで一番気になっていたのがバッティングゲージです。
こちらは30分1,500円で打ち放題という内容になっており、軟式球も硬式球も打つことができます。

硬式球も打てるバッティングセンターは札幌市内でもほとんど無いので貴重です。

ゼスポフィールドのバッティングゲージ
ゼスポフィールドのバッティングゲージ

バッティングゲージ内にはピッチングマシンが設置されており、そこからボールが出てくるのでそれを打つだけ。

ゼスポフィールドのバッティングゲージにはフィールドフォースのピッチングマシンがある
フィールドフォースのピッチングマシンがあります

バッターボックスの脇にマシンのオン・オフのボタンがあるので、休憩も好きなタイミングで入れることができます。

写真は見切れていますが、軟式J号球もあるので、少年野球のバッティング練習もできます。

通常のバッティングセンターと異なるのは、打った打球を集めてピッチングマシンに再度入れなくてはいけないこと。

片付けの時間を含めての30分1,500円の料金となっており、終了5分前には片付けを始めるということが書かれた注意書きもあります。

ゴリロウ
ゴリロウ

息子も何度か通っていますが、ボール集めの煩わしさはあるものの、バッティングセンターのように順番待ちが無く快適だそうです。

複数人での利用でも30分1,500円で利用できる

ゼスポフィールドのバッティングゲージですごく良いなと思ったのが、何人で利用しても30分1,500円は変わらずに利用できること。

1人でずっとバッティングをし続けるのはかなりハードなので、休憩を入れたくなりますが、その間も料金はかかってしまいます。

なので、友達と2人で行って順番に打てば効率よく練習ができます。

利用人数が2人だろうが、3人だろうが30分1,500円は変わらずに利用できるため、もしかするとバッティングセンターよりも割安に練習できるかも。

ゴリロウ
ゴリロウ

あまり大人数で行くと待ち時間が長くなるので、2人がベスト。
多くても3人くらいまでかなと思います。

バッティングゲージ内も人工芝が敷かれていてゲージの周りには椅子も置かれているので、お子さんが練習している間も様子を見ながらゆったりくつろげます。

バットは持参する必要がありますので、マイバットを忘れずに持っていきましょう。

ゼスポフィールド利用時の注意点

事前に予約または電話しておく方がいい

バッティングゲージは当日利用もOKのようですが、事前に予約または電話しておくとスムーズです。

ピッチングマシンの調整はスタッフの方のみとなっているため、事前に連絡しておけば軟式・硬式どちらで打つかやスピードの調整をしてくれるので、行ってすぐに練習が始められます。

なお、サッカースクールをやっている時間帯はバッティングゲージが利用できない場合もあるそうなので、施設の空き状況確認も兼ねて事前連絡しておいたほうが間違いありません。

ゼスポフィールドのホームページからWEB予約も可能です。

ゼスポフィールド内は寒いので防寒対策は必須

室内練習場とはいえ、冬は外と同じくらい寒いです。

防寒対策は外と同じくらい厳重にしていったほうが間違いないです。

椅子などもたくさん設置されていてゆっくりくつろぐことが出来るようになっていますが、じっと練習を見ているだけってすごく寒いので、ガッチリ着込んでいきましょう。

札幌市近郊にある石狩のフェニックスフィールドは土の上での練習ができる室内練習場ですが、冬の時期は吹雪でホワイトアウトしてしまうことも多い場所にあり、移動に不安があることが難点。

フェニックスフィールドほどの広さはありませんが、ゼスポフィールドは札幌市内で幹線道路沿いなので、冬道でも比較的除雪もしっかりとされており、移動に関しての不安はフェニックスフィールドよりも少ないと思います。

一方で料金的にはフェニックスフィールドの方が割安で利用できるため、料金の割安感や広さならフェニックスフィールドに軍配が上がります。

ゼスポフィールドは個人でのバッティング練習もできる施設になっているので、個人利用ならゼスポフィールドが断然オススメです。

今年の冬もバッティング練習に通わせてもらおうと思っています!

ゼスポフィールドへのアクセス

ゼスポフィールド

〒006-0032
北海道札幌市手稲区稲穂2条2丁目1−1
国道5号線(北5条・手稲通)沿い/ JR函館本線手稲駅から徒歩14分

営業時間 平日10:00-24:00 土日祝8:00-24:00
お問い合わせ011-676-6620

コメント

タイトルとURLをコピーしました