少年野球でミズノ ビヨンドマックスを使うメリット・デメリット

ビヨンドマックスレガシージュニア親・心構え
スポンサーリンク

NPBジュニアトーナメントでビヨンドマックスレガシ―を使って神宮球場のスタンドまで飛ばす打球に度肝を抜かれたのも記憶に新しいですね。

少年野球のバットはミズノ ビヨンドマックスレガシーの独り勝ちくらいの勢いがあります。

とにかく飛ぶ!のがビヨンドマックスレガシ―ですが、賛否あるのも事実です。

これまで少年野球チームのコーチとして見てきた中で感じたビヨンドマックスを使用することのメリット・デメリットを考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビヨンドを使うメリット

ビヨンドなら長打が出やすい

ビヨンドを使う最大のメリット、それはとにかくボールが飛ぶということです。

やっぱり打球を遠くに飛ばすというのは野球で最大の楽しみだと思います。
ビヨンドはその楽しみを味わうためにめちゃくちゃアシストしてくれます。

ビヨンドシリーズについての詳しい解説はこちらもご覧ください。

ビヨンドはバッティングを楽しむというためのバット

小学生は体の成長が個人差が大きく、体の小さい子は力負けしてしまうことも珍しくありません。
普通のバットを使っていては外野まで飛ばすこともなかなかできないという子も多いと思います。

成長が追いつかずに悔しい思いをしてしまうことは少年野球にはよくあることなのですが、ビヨンドはそれを埋めてくれるバットです。

ゴリロウ
ゴリロウ

ウチの息子も外野にボールを飛ばせたということを嬉しそうにキラキラした目で報告してきたことがありました。

少年野球最大の目的は野球を楽しいものと思ってもらうことだと思います。
その役割をアシストするのがビヨンドであるという側面は否定しようのない事実だと思っています。

ビヨンドを使うデメリット

体重を乗せて飛ばす感覚が身につかない可能性がある

ボールを遠くへ飛ばす楽しさをアシストしてくれるビヨンドですが、デメリットとして考えているのは、当てるだけのバッティングでもある程度飛んでしまうこと。

硬式球になるとボールに体重を乗せて運ぶというバッティングのテクニックが必要になってきます。
こうした感覚を身につけることを邪魔してしまうという懸念をしています。

実際、ビヨンドを使うと体勢を崩された形になってもボールがグングン伸びて外野の頭を越す打球になるというシーンはよく目にします。

結果としてヒットにはなりますが、同じバッティングを硬式球でしてもおそらく同じような打球は再現できません。

バットの性能だけによってもたらされたヒットというのはその子のバッティング技術向上につながるのか、という点はいつも心配になってしまいます。

親の経済的な負担が大きい

ビヨンドマックスレガシーの定価は39,600円。
非常に高価なバットです。

野球は他のスポーツに比べても道具に非常にお金がかかります。

まして少年野球になると、体の成長が早いためスパイクやユニフォームががすぐに小さくなってしまって買い替えが必要になることが少なくありません。

それに加えてバットの値段も非常に高くなっているので、親の経済的な負担は増す一方です。

それでも子どもにいい結果を残してほしい、少しでも楽しい思いをさせたいというのは親心です。
ヒットを金で買うとまで言われることのあるビヨンドです。

経済的な負担がのしかかる点はやはり気になってしまう点ではあります。

ビヨンドマックスレガシージュニアは値が張るバット。
もしも我が子に合わなかったら、、という心配があるなら、バッターズボックス バットのサブスクがおすすめです。
月額6,000円で試合も練習も思う存分試し打ちできるサービスです。
気に入ればそのまま買うこともできます。
バットのサブスク【battersbox】

バッターズボックス バットのサブスクについてはこちらでも詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

ビヨンドはバッティングセンターでの使用はNG

バッティングセンターで練習をすることも多いと思いますが、バッティングセンターで使われているボールは試合で使うJ号球ではない場合も多々あります。

耐久性に優れた硬いボールを使用しているバッティングセンターも多く、そのような硬いボールをビヨンドで打つと、バットが折れてしまうことがあります。

私もとあるバッティングセンターでビヨンドをボッキリ折っている子を見たことがあります。

ビヨンドの注意書きにもバッティングセンターでの使用は不可という記載があります。

もちろん、J号球やM号球を使用しているバッティングセンターならそれほど心配はないと思いますが、いきつけのバッティングセンターで使用しているボールには注意したほうがいいと思います。

また、ビヨンドのようにウレタンを巻いているバットは新品状態が一番反発力が高く、ボールが飛びます。
つまり、使えば使うほどボールへの反発力が弱まり、飛ばなくなってきます。

一生懸命ボールを打てば打つほど飛ばないバットになってしまうのがビヨンドです。
それを考えてもバッティングセンターで練習する際は別のバットを用意した方がいいと思います。

ゴリロウ
ゴリロウ

別バットを用意するとなるとまたお金がかかってしまいますね。。。

ビヨンドを使う上で注意したいこと

デメリットを多く書いてしまったと思いますが、それを帳消しにするくらいの魅力はビヨンドにはあります。

私がビヨンドを使う子に対して言うのは、当てに行くバッティングはしないで鋭く、自分のスイングを徹底すること、その一点です。

当てに行くバッティングで生まれたヒットはバットの性能で得られたヒットです。
それにその子を成長させる価値はあまり無いと思います。

それであれば、ビヨンドの飛ぶという最大のメリットを活かしつつ、ボールにミートし、鋭いスイングで遠くへ飛ばすことを徹底させることで力強いスイングながらミートできる技術を習得できるのではと思っています。

ゴリロウ
ゴリロウ

これはビヨンドに限ったことではありませんね。

また、低学年のうちからビヨンドシリーズを使うことはあまりおすすめしません。
まずはしっかり鋭いスイングが身についてから、ビヨンドでも自分のスイングができる力がついてからでも全く遅くはありません。

まずはしっかりと基礎のスイングを身につけることが先です。

その上でバットの持つ性能を最大限に引き出せる技術をつけるという視点で考えていけばビヨンドは素晴らしいバットです。

楽しめることが成長を促す最大のスパイスですので、うまくビヨンドを使いこなして少年野球を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました