ルイスビルスラッガー カタリスト3(2022年モデル)がついに発売!

ルイスビルスラッガー カタリスト3(2022年モデル)がついに発売! 野球道具紹介
スポンサーリンク

ビヨンドマックスレガシージュニアに続き、飛ぶバットとして評判のルイスビルスラッガー カタリスト3が発売になりました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カタリスト3が2022年1月に発売!

ルイスビルスラッガー カタリスト3が2022年1月に発売を開始しました。

トップバランスとミドルバランスの2種類でそれぞれ長さは76cm、78cm、80cmがラインナップされています。

トップバランスは黒を基調にイエローオレンジのデザイン。

ミドルバランスは白を基調にライトブルーのデザインが施されています。
カタリストらしい派手めのデザインがカッコいいですね。

デザインの面の裏側はルイスビルスラッガーロゴが入っています。

ルイスビルスラッガー カタリスト3 裏面にはルイスビルスラッガーロゴが入っています

ルイスビルスラッガー カタリスト3が進化した点

エンドキャップの進化で20gの軽量化

カタリスト2では78cmで580g、80cmで600gでしたが、カタリスト3は78cmが560g、80cmが580gと20gの軽量化を実現しています。

これにより振り抜きやすさが向上しています。

キャップは軽量化とともに硬化されており、ボールのインパクト時の力の分散を抑えより飛距離が出るように設計されています。

飛ぶバットの軽量化が進んでいる

ビヨンドマックスレガシージュニアも軽量化されており、軽くて飛ぶというのが2022年モデルの特徴になっていますね。

たかが20gと思われるかもしれませんが、実際に振ってみると20gの違いは想像以上に大きいです。

小学生は筋力も十分ではないので、大人以上に少しの重さの違いがスイングに影響します。

去年まではビヨンドやカタリスト、ブラックキャノンなどは飛ぶけど重いバットでした。小学生だとまだ体の成長が追いつかずに重さを懸念してこうした飛ぶバットを諦めるという人も少なくなかったと思います。

2022年のカタリスト3は軽量化によって体の成長がゆっくりな子でも振れるバットになったと思います。

J号球になり、打球が飛ぶようになりましたが、バットの進化も毎年凄まじい勢いで進んでいます。

高価なものではありますが、こうした飛ぶバットを使っておいて損はないと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました