親・心構え

【少年野球の審判・塁審】ポイントさえ抑えておけば怖くない!

北海道も雪が溶け、ようやくグラウンドでの練習が始まりました。 シーズンももう間もなく開幕ということもあり、各チームとも練習試合や交流試合が始まっていると思います。 練習試合の審判はお互いのチームからお父さんを出し合って行うこと...
親・心構え

【センス無しでも】身体能力が高くなくても少年野球で活躍する子に育てる方法

うちの息子は小学校1年生から野球を始めて、ありがたいことに4年生頃から6年生の出る試合にも出ていました。 試合に出られたのは、上級生が少なかったというのもあります。周りの親から「センスがある」と言われたこともあります。 ありが...
親・心構え

少年野球の監督・指導者に求めているもの

子どもの野球離れというワードをよく聞きます。 少年野球は2020年で10年前の3分の2まで競技人口が減っているそうです。 子どもが減っていることは事実ですが、子どもの減少幅以上に野球人口が減っているのが現状です。 人数確...
レベルアップ練習法

低学年から活躍する子はセンスや才能ではない。親です。

あの子は我が子と同じ学年なのに、守備はできるしバッティングもできる。 それに比べて我が子は、、、とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。 他の子と比べること自体、あまり良いことでは無いかもしれませんが、それでも同じチームにそ...
スポンサーリンク