野球肘を治す方法と予防のためのフォーム修正を知ろう

スポンサーリンク
野球肘を治す方法と予防のためのフォーム修正を知ろう レベルアップ練習法
スポンサーリンク

野球肘を治す基本は安静にすること

ボールを投げると肘が痛む。
肘を伸ばすと痛みが走る。
こういった症状は典型的な「野球肘」と呼ばれるケガです。

小学生のうちは肘の内側に痛みが走ることが多く、これは肘の靭帯に損傷を起こしているために痛みが生じます。

野球肘になった際の主な治療方法は「投げない」ことになります。

症状の程度にもよりますが、軽傷の場合は数週間程度、重症の場合は数か月程度の「投げない」期間(ノースロー期間)を設けることが多いです。

野球肘の原因は投げすぎと肘に負担のかかるフォームが原因

野球肘が起きる原因のほとんどは「投げすぎ」だといわれています。

少年野球の指導者の中には、小学生の体の成長への理解がないままの指導者も少なくありません。
目先の勝利を掴むためには無理をさせるということもよく目にします。

また、投球フォームによっても肘に過度に負担をかけてしまうことで野球肘を招く原因となる場合があります。

よく練習のときに「肘を上げろ!」と怒鳴る指導者を見ますが、小学生の子どもは言うだけで修正できる子ばかりではありません。

  • 指導者の手本を見せる
  • 言葉で教える
  • 実践させてみる

というステップを丁寧に踏まなくてはフォームの修正は簡単にはできません。
ですが、そこまで1人の子どもに根気よく教える指導者は少ないのが現状です。

投球フォームの修正は親子で取り組もう

投球フォームの修正は親子で取り組もう

少年野球の指導者は少数でたくさんの子どもを見ていることがほとんどです。

ですから、1人の指導に割くことのできる時間が限られてしまい、丁寧な指導は難しいのが実情でしょう。

なので、1度肘を痛めたことのあるお子さんをお持ちなのであれば、肘への負担の少ないフォームへの修正は親子で行うのがベストだと断言します。

親子であれば親はお子さんへ集中できますし、しっかりと時間をかけて丁寧にフォームの修正に取り組むことが可能です。

動画を使って負担の少ないフォームを学ぶ

野球経験の無いお父さんはもちろん、野球経験者であっても肘への負担の少ないフォームを正しく教えられる人はそう多くないでしょう。

ですが、昔は口伝いや本で学んでいたものが、 今の時代は動画やDVDで動きを交えながら学ぶことができます。

中でもおすすめなのが、甲子園にも出場経験があり、自身も重度の野球肘に悩まされ続けた現役のカイロプラクティック院長が監修した、野球肘のお子さんを持つ親子のための「野球肘0人プロジェクト」DVDです。

「野球肘0人プロジェクト」~お子様を野球肘から守り、救い出す方法~

「野球肘0人プロジェクト」では野球肘を早期発見するためのポイント、野球肘のチェックポイント、さらには肘に負担をかけないためのフォームが野球経験の無いお父さん目線でわかりやすく解説されています。

体をケアし、野球肘を予防するストレッチや体操、さらには食生活面からのケア方法まで網羅された内容となっています。

負担の少ないフォームは爆発的な力が生み出せる

野球肘を予防するためのフォームは肘への負担を減らしつつ、効率的にボールへ力を伝えられるようにするためのフォーム修正でもあります。

「野球肘0人プロジェクト」からフォームを修正することで、野球肘を予防しながら、さらなる強化まで可能です。

解剖学視点での効率的な体の使い方なので、一般的な少年野球指導者では指導できない体の使い方を学ぶことができます。

90日間の返金保証があるから安心

「野球肘0人プロジェクト」のDVDは90日間の返金保証があるから安心

「野球肘0人プロジェクト」のDVDは1万円以上する高価なDVDです。

ですが、もし野球肘になってしまったら病院でレントゲンを撮ったり、都度の診察料、湿布などの薬代、交通費、、、
などと考えればだいたい同じくらいの費用はかかってしまいます。

さらに、その間練習はできず、お子さんは非常につらい思いをします

そしてようやく投げられるようになっても「また野球肘になったらどうしよう」という不安を抱えながら過ごすことになります。
治療費というコストと精神的負担を考えればそう高いものではないと思います。

しかも「野球肘0人プロジェクト」は内容に満足がいかない、効果が無いと感じた場合は90日間の返金保証があります。

お子さんの大切な体を守るのは指導者ではありません。
親がお子さんを守ってあげなくてはいけないのが少年野球の現状です。

返金保証もあり、後悔するリスクはほとんどありません。
お子さんと一緒に野球肘を予防しながら楽しく少年野球生活を送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました