家でもできるバッティング練習にあったら便利な練習器具・用具

スポンサーリンク

バッティング練習はチームでの練習では球数が決まっていて十分な練習をするのが難しいため、自主練が打てる・打てないの差をつける大きな要因になります。

低学年の場合、バッティングセンターではボールに当てられずに楽しく練習が出来ないこともしばしば。
親としても楽しめない練習にお金をかけるのはもったいないという意識もありますよね。

そこで今回は家でも効果的なバッティング練習をするためにあると便利な練習器具を紹介します。

スポンサーリンク

バトミントンシャトル

バトミントンのシャトル打ちの練習方法は簡単。

3mくらい離れたところからタイミングの取りやすい速さで投げてあげるだけ。
トスバッティングとの違いはバッターに対して正面から投げられること。
より実践に近いイメージでの練習ができます。

低学年こそ数をこなす

低学年のころはシートバッティングのような練習でもなかなかボールを捉えられずに空振りばかりということも多いと思います。

バットに当てるためには数をこなすというのが一番の近道だと思います。
それに適したのがバトミントンシャトル打ちです。

バトミントンシャトルは打っても飛距離が出ませんから、ボールに比べると回収がとても楽です。

お父さんとお子さんの2人での練習でも回収が簡単なので、数をこなしやすいです。
また、シャトル50個などのセットでも2,000円くらいで買えちゃうので、お財布にも優しいコスパの高い練習器具です。

バットに当てる力を養う

バトミントンシャトル打ちの一番の効果はミート力のアップにあります。

バトミントンシャトルはゆっくりとしたスピードでバッターに向かいます。
速い球の対応が難しい低学年にとっても当てやすいスピードです。

低学年の場合はまずはバットに当てることがバッティング強化の第一歩になります。

練習時の注意点としては当てにいくバッティングをするよりも、振り切るバッティングをさせることが大事です。
練習の際には空振りOK。空振りでもいいスイングなら褒めてあげるようにするといいと思います。

振り切るバッティングをしながら当てる確率を高めていく練習というのを忘れないようにしましょう。

ストライク・ボールの見極め

低学年のうちにあるあるなのが「クソボール」を振ってしまうこと。
これが起こるのはストライクゾーンが子どもの中で出来上がっていないからです。

大まかなストライクゾーンを把握するためにもやはり数をこなすというのは有効です。

バトミントンシャトル打ちを練習する際に子どもには「ボールは振らないんだよ。」という声かけを忘れないようにしましょう。

どこがボールでどこがストライクかを把握するためにはとても大切なことです。

実際、我が子もバトミントンシャトル打ちを始めてからクソボールを振ることは格段に減りました。

ティースタンド&ネット

バットに当てられるようになったら、次は飛距離を出す練習になってきます。
野球をやる上では遠くまで飛ばせるというのは子どもにとっても楽しいことなんです。

止まっているボールを飛ばすのは難しい

一見すると止まっているボールの方が打つ・飛ばすのは簡単そうに見えます。
でも、子どもにとっては止まっているボールを打つのは意外に難しく、飛ばすことはさらに難しいのです。

止まっているボールはバットに当たる際に反発力が発生しないため、意外に飛距離が出ないんです。

力がまだ十分でない子ども、とくに低学年のうちは止まっているボールを打って外野エリアまで飛ばすのはなかなか難しいです。

どうやったら飛ばせるようになるかを考えるためには置きティーバッティングは最適な練習法です。

家ではティースタンド&ネット

家で置きティーバッティング練習をする際に必須になるのはティースタンドとネットです。

ネットがあれば打球が当たった場所を確認できます。
置きティーバッティングの場合は強いライナーをセンターに返すのが基本になるので、ネットの真ん中に当たっているかを確認できます。

その際も当てにいくバッティングをしていないかはチェックしてください。

また、ネットがあればボールの回収がとても楽になりますし、ご近所への配慮もできます。

穴あきボールもおすすめ

置きティーバッティングをするときには試合でも使うボールで行うのがベストですが、地味にボールは高いんですよね。

個人的におすすめなのはプラスチック製の穴あきボールです。
Amazonで2,000〜3,000円で買えます。

穴あきボールは飛距離が出にくいので比較的狭いスペースでも練習が可能になります。
それでいて子どもにとってはボールでの練習感が出るのでおすすめ。

穴あきボールはバトミントンシャトル打ちのように対面での練習でも使えるのであって損はありません。

さらに技術がついてきたらサンドボール(重いボール)がおすすめ

サンドボールとはゴム製のボールの中に砂が入ったボールのことです。
通常のボールよりも重いため飛距離が出ない特徴があります。

サンドボールはボールの芯を捉えないと飛ばない

サンドボールは重くやわらかいボールのため、ボールの芯を捉えないと前に飛ばすことができません。
ミートする力を養いつつ、押手(右バッターなら右手)でボールを押し込む力もつけることができるのがサンドボールなのです。

ボールを飛ばすにはインパクトの瞬間に押手でボールを押し込むように打つことが大切です。

サンドボールはその感覚を養うことにぴったりな練習器具です。

サンドボールの練習は鋭いスイングができるようになってから

サンドボールは通常のボールよりもかなり重いため、手首への負担が大きくなります。

低学年のうちは通常のボールでもバットに当たった瞬間に押し負けてしまうことがあるくらいですから、サンドボールのような重いボールを使うと手首のケガにつながってしまう恐れがあります。

1年~3年生くらいまでの時期は穴あきのプラスチックボールやバドミントンのシャトルでミート力を磨き、4年生くらいになって力がついてからサンドボールのトスバッティングを混ぜていくようにするのがいいと思います。

低学年でも飛ばす力をつけたいというのが親心ですが、 ケガのリスクを考えて管理していくのも親の役目です。

低学年向けのバッティング練習メニュー

こちらの記事で低学年向けの家や庭でもできるバッティング練習メニューを紹介しています。

素振りだけでは小学校低学年くらいの子どもはすぐに飽きてしまいます。
こちらで紹介したちょっとした器具とお父さんの手があれば楽しく練習することができます。

バドミントンのシャトルなどはそんなに高くもないわりに、子どもは楽しく練習できるので非常にコスパは高いです。

お子さんが試合でヒットを打てると、その日のビールの美味しいことと言ったらありません!
ぜひお子さんのためにもバッティング練習取り組みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました