【低学年向け】少年野球用グローブの選び方とおすすめグローブ

【低学年向け】少年野球用グローブの選び方とおすすめグローブ野球道具紹介
スポンサーリンク

もうすぐ新年度で春から小学校、という季節になってきました。
小学校に入ったら少年野球を始めようというご家庭もあると思います。

また、2年生・3年生になって小学校にも慣れたから少年野球をやってみようというご家庭も多いのではないかと思います。

野球を始めるにあたって必要になるのがグローブです。
子どものグローブ選びは結構悩むものです。

特に、野球経験の無い親御さんなら選び方なんてきっとチンプンカンプンだと思います。
そこで、低学年のまだ野球慣れしていないお子さんのグローブを選ぶ際のポイントを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

低学年の子には柔らかいグローブを選ぶのが大切

小学校低学年くらいだとまだ手も小さく、握力も弱いためグローブをうまく閉じることができないことも珍しくありません。

基本的に新品のグローブは固いので、お子さんが慣れていないうちはボールも非常にとりにくいと思います。

ただ、最近のグローブは使用する革を工夫し、最初から使いやすい柔らかさを持ったグローブも出てきています。

ミズノのセレクトナインソフトプラスやゼットのソフトステアというシリーズは新品でもものすごく柔らかい革を使用しているため、力の無い低学年のお子さんにも非常に使いやすいシリーズとなっています。

こうした柔らかい革を使用したグローブなら、湯もみやスチームなどの加工も必要なく、すぐに使えるため、オススメ。

こうした柔らかい革を使用したグローブ以外のものを選ぶなら、湯もみやスチームといった柔らかくする加工をしてもらった上で使うと多少使いやすい状態にしてもらえます。

ただ、やはり柔らかい革を使用したものよりは固さが残ってしまうため、使いこんで柔らかくする必要があるため、どうしても時間はかかってしまうと思います。

まずはボールを捕る楽しさを体感してもらうためにも柔らかいグローブを選ぶのは最優先だと思います。

サイズ感の合うものを優先で選ぶ

子どもは体がどんどん成長するため、少し大き目サイズを選びがちですが、子どもの最初のグローブは買い替えることを見越して扱いやすいジャストサイズを選ぶ方が絶対に良いと思います。

とにかくまずはしっかりグローブを使えるようになることが大事です。

大き目サイズを選んでしまうと、グローブが手の中で安定しないため、ボールを掴みにくかったりうまくグローブが閉じられないことがあります。

柔らかく、ブカブカとしない手に合ったサイズ感のグローブを使うことが野球を始めたばかりの子どもにはぴったりだと思います。

野球にも慣れ、最初のグローブのサイズがキツくなってきたらちょっとグレードの高いモデルへ買い替えるという方が結局はグローブを使いこなせるようになるのも上達も早いと思います。

ミズノ セレクトナイン ソフトプラス

少年野球グローブの中でド定番のミズノ セレクトナイン。
少年野球の試合を見ても最も多いのがこのグローブと言っても過言ではありません。

比較的お求めやすい価格と、信頼性の高いミズノのグローブなので一番人気のセレクトナイン。
セレクトナインの中でもソフトプラスというシリーズは特に柔らかい革を使用しているため、買ったその日から使えるようになっています。

力の弱い子どもや女子選手に向けたモデルということなので、春から野球を始めるというお子さんにはピッタリ。

ミズノ セレクトナイン ソフトプラスはSSサイズ(小学1年〜2年生向け)からラインナップされているので、手の小さなお子さんでもサイズも選べる上に最初から柔らかく使いやすいグローブとなっています。

セレクトナイン ソフトプラス
SSサイズはこちら
Sサイズはこちら

ZETT ソフトステア

ミズノ セレクトナイン ソフトプラスと双璧を成す、これから始めるお子さんに使いやすいグローブがZETT(ゼット)ソフトステアシリーズです。

こちらも柔軟加工を施した天然レザーを使用しているため、力の弱いお子さんでもグローブの開閉が簡単にできるため、ボールをしっかり掴むことが出来るようになっています。

天然のレザーを使用して定価で1万円を切る価格になっているのも嬉しいポイント。

まずはこのグローブで野球に慣れるまで使い倒して試合に出るようになればグレードの高いグローブに買い換えるというのがオススメです。

ZETT ソフトステアもSSサイズからラインナップされています。
SSサイズは小学1年〜2年生向け、Sサイズは1年生〜3年生向けという目安になります。

ZETT ソフトステア
SSサイズはこちら
Sサイズはこちら

野球を始めるとなると色々と道具を用意しなくてはならず、特にグローブはどういうものを選んだら良いか悩んでしまいますよね。

コーチとして子どもたちを見ていて一番思うのは、低学年ほどグローブを扱うのが上手にできないということ。

その原因はグローブが固く、うまくグローブを閉じることにあります。
ノックがバシバシ捕れるようになってくると、野球の楽しさが違ってきます。

まずはとにかく柔らかく、開閉がしやすいグローブを選ぶのが上達の近道ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました