【自主トレにも最適】ティーバッティングで外野まで飛ばす技術をつける

スポンサーリンク
【自主トレにも最適】ティーバッティングで外野まで飛ばす技術をつける レベルアップ練習法

バットは少し振れるようになってきたけれど、試合では外野まで飛ばす当たりが打てないというお子さんをお持ちの方も多いと思います。

良い当たりを打つために必要なのはバットがボールに当たる瞬間のインパクトのパワーをつけることと、もう一つはボールをインパクトする瞬間のポイントを身につけることです。

ティーバッティングでは特に後者のインパクトのポイントを身につけることができます

ティーバッティングは「飛ばす」技術を身につけるのに最適

止まっているボールで打つ「ポイント」を身につける

ティーバッティングはティースタンドにボールを置いて、それを打つという練習です。

トスやフリーバッティングとの違いは、確実にインコース・アウトコースといったコースの打ち方を練習できるという点です。

少年野球では経験が少ない子ほど振り遅れてしまうことが多くあります。

試合でバットに当てることができる子も、差し込まれてボテボテの当たりばかりということも少なくありません。

ティーバッティングで打つべきポイントを身につけ、動いているボールでそのポイントでのタイミングの合わせ方を練習していく、というのが外野まで飛ばすためには近道だと思います。

まずは真ん中をセンター返しできるように

バッティングはインコースは前目で打つ、アウトコースは引き付けて逆方向へ打つというのが基本としてあります。

ですが、ここではまず外野まで飛ばすという少年野球での意味合いで解説します。

イン・アウトのコースの捌き方は後々でも身につけられます。
まずは真ん中のボールをセンターに返すという練習を繰り返しましょう

一緒にお父さんやお母さんがついて見てあげるときは、止まっているボールに集中して打つのはでなく、ピッチャーが投げてくるのに合わせて打つことを意識するように声がけしながら行いましょう。

  1. バッターボックスに立つ
  2. ピッチャーを見る
  3. ピッチャーに合わせてトップをつくる
  4. センターを狙って打つ

というのが一連の流れになります。

試合の時のように意識しながら練習するのが効果的です。

ティーバッティングは自主練にも最適

ティーとネットがあれば狭いスペースでも練習できる


LAKARU(ラカル) 野球練習ネット 野球ネット バッティングネット 練習用 208*203*106cm 折り畳み式 投球練習 トレーナー 収納袋 バッティングティー付き 組立簡単

ティーバッティングは防球ネットと組み合わせることで、広いスペースが無くても練習ができます
さらに、ボールを置けば打てるので1人でも練習ができるという強みがあります。

小学生のうちはなかなか一人で練習する機会は多くないかもしれませんが、中学・高校と野球を続けていく中では自主練を一人で行う機会が増えます。

ティーとネットはそうした自主練にも非常に役に立つ練習器具です。

長い目で見たら非常にコスパの良い器具です。

プラスチックの穴あきボールが便利


サクライ貿易(SAKURAI) Promark(プロマーク) 野球 トレーニング バッティング 穴空き ボール 上達練習球 50球入 HTB-50

自主練の際にはプラスチック製の穴あきボールがあると便利です。

通常のボールの方が打感は良いですが、プラスチック製の穴あきボールなら、飛距離が出にくいため、ネットを外して打ってしまったときの回収が楽にできます。

また、通常のボールの場合は万一ネットを外してしまった場合に、周囲のモノを壊すなどの懸念があります。ネットを外してはいけないと思うと、実戦に近いスイングがしにくくなり、効率的な練習が出来なくなります

プラスチック製の穴あきボールであれば、柔らかい素材でできているため、周囲のモノを破損するリスクはかなり低くなります

練習場所の広さに限りがある場合は、プラスチック製の穴あきボールがあると非常に便利でしょう。

また、プラスチック製の穴あきボールは普段のバッティング練習にも便利です。

こちらもコスパの高い練習器具ですので、非常におすすめです。

ティー、防球ネット、プラスチック製穴あきボールは長く使える練習器具です。

すべて揃えても、1万5千円くらいです。

一生懸命頑張るお子さんのためでもあり、しかも長く使えてコスパもよく、しかも練習効率も高い、最強といっても良い練習器具だと思います。

自主練でのバッティング練習がはかどるこの三種の神器を揃えて強打者を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました