【家でもできるバッティング練習】シャトルバッティングでミート力アップ

スポンサーリンク
【低学年のバッティング練習に】シャトルバッティングでミート力アップ レベルアップ練習法

練習や試合でいい当たりやヒットが出ない。
でも、家で素振りは飽きてすぐにやめてしまう。

こんなお悩みをお持ちのお父さんはたくさんいらっしゃると思います。

飽きっぽい低学年の子どもも楽しくバッティング練習ができるシャトルバッティングをご紹介します。

スポンサーリンク

低学年に素振りは非効率

低学年に素振りは非効率

家でもできる野球の自主トレと言えば「素振り」です。
チームでも「家でしっかり素振りをするように」なんて言われていることも多いのではないでしょうか。

この素振り、実は低学年の子どもの練習としては非常に効率が悪い練習だと思っています。

なぜなら、素振りをする目的を理解していないから。

低学年の子どもに素振りをさせてもフォームがめちゃくちゃということはよくあります。
めちゃくちゃなフォームで素振りをしてもあまり意味がありません

それに低学年の子どもは飽きっぽいですから、素振りのような楽しくない練習はすぐに飽きてしまい、続きません。

ボールをバットに当てられるようになったほうが伸びが早い

私も少年野球のチームで週末コーチをしています。

その中で思うのは、素振りをたくさんすることよりもボールに当てる経験をする方がバッティングは上達すると感じています

自主トレでは素振りよりも実際にボール(またはその代替になるもの)を打つ練習をするのが効率もよく、何より子ども自身が楽しんでできると思います。
楽しければ結局は回数をこなすことにつながるため、上達が早くなるのだと思います。

バッティングの自主トレはシャトルバッティングがおすすめ

シャトルバッティングとは、バドミントンで使うシャトルを打つ練習です。
ものすごく単純な練習ですが、シンプルゆえに非常に効果的な練習です。

シャトルバッティングのやり方

非常に簡単です。
通常の試合のようにピッチャーとしてシャトルを投げて、子どもはそれを打つだけです。

シャトルは飛距離が出ないので5m程度の距離から投げましょう。

子どもは打つ感触があることと、実際にシャトルが飛ぶので楽しみながら練習ができます。

シャトルバッティングで当てる力(=ミート力)アップ

シャトルは投げるとゆっくりと飛びます。

ボールだと早すぎてバットに当てられない子どももシャトルなら当てられる場合が多いです。

バッティングは当てることで上手くなるので、ボールよりも低学年や野球に慣れていないうちは効率的な練習と言えるでしょう。

シャトルバッティングでストライクゾーンを理解できる

シャトルバッティングを行う際にお子さんに言っておいてほしいのが「ボールは打たない」ということ。

低学年のうちは高いボール球やワンバウンドするような低い球に手を出してしまうことがよくあります。

それはストライクゾーンをわかっていないから。

シャトルバッティングではストライクの球だけ打つというルールで行えば自然とストライクゾーンの感覚がわかるようになります

実戦に近い形で練習できる

低学年のうちはチーム練習でもどうしてもシートバッティングのような実戦に近い形での練習時間は限られてしまうことが少なくありません。

シャトルバッティングはバッターの正面から投げる形になりますので、貴重な実戦に近い形でのバッティング練習ができます

トスバッティングでは身につけにくい「タイミング」を合わせる技術も練習ができます。

慣れてきたら強いライナーを狙う

シャトルバッティングに慣れてきたら、強いライナーを打ち返すようにしましょう。

10球中、何球ライナーで打てるかな?などとゲーム形式にするのも楽しんで練習ができます。

強いライナーが打てるようになれば、練習や試合で強い当たりを打てるようになる日も近いですよ。

親視点でもシャトルバッティングにはメリットがある

限られたスペースでも練習できる

シャトルは速さがでませんし、それほど固い素材でもないため、バットが振れるスペースがあればあまり広くなくても十分練習ができます。

バットが振れれば家の中でもできるでしょう。

すぐに練習ができるというのは親としても子どもとしても大きなメリットですよね。

回収が楽

ボールを使ったバッティング練習で一番大変なのは打ったボールの回収です。

シャトルバッティングなら飛ぶ距離が限られているので、親子2人で回収すればあっという間に終わります。

練習→回収→練習のサイクルが早く回せるので、効率的に楽しく練習ができます。

シャトルは価格も安い

我が家はアマゾンで買った48個入りのバッティングシャトル(かご付き)を利用しています。48個入って2,000円以下です。

ボールを同じ個数買おうとすると、数万円ですから、非常に割安感があると思います。

シャトルバッティングの弱点は風

シャトルバッティングの最大の弱点は「風」です。

風があるとシャトルは風に流されてしまって練習になりません。

家の中や屋内で練習できる環境があれば全く問題にはなりませんが、外での練習の場合は風のある日は諦めるしかないでしょう。

おすすめのバッティングシャトルセット

シャトルバッティングは

  • 低学年でも楽しく練習できる
  • 当てる力が身につく
  • ストライク・ボールの見極める力がつく
  • 実戦に近い形での練習ができる
  • 限られたスペースでも練習できる
  • 回収が楽
  • シャトルの価格も安い

とたくさんのメリットがあります。

我が家ではアマゾンで購入したシャトル収納かご付き(48個入り)を使用しています。


K&R mercado 野球 室内 練習 トスバッティング シャトル 48個 収納カゴ セット ランダム4色アソート

2,000円程度でかごまでついているのでコスパは非常に高いと感じています。

かごは片付けのときはもちろん、投げる時もまとまってくれるので非常に便利。地面にシャトルを置いておくといちいちかがんでとらなくてはいけなくなるので、地味ですがとても重宝しています。

使っていると軸?の部分がもげたりもしますが、耐久性としてはまあまあです。48個あれば1個2個壊れてもあまり気にならないです。

低学年のうちは特におすすめできる練習ですので、バッティング練習にぜひ活用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました